藤島博文

藤島博文簡歷

1941年  出生於徳島県美馬郡美馬町
1952年 接受居住在美馬町的近藤青樹老師日本畫的輔導
1957年 德島県立脇町高中在校中,県展3年連續入選
1961年 作為花鳥畫名家的藝術院會員金島桂華老師的學生入門
1970年 日春展首次入選以後16次入選
1971年 日展首次入選以後15次入選・多次去歐州、印度取材旅行



1973年 獲得文化勛章  拜東京畫壇的先驅者‧高山辰雄為師
     日春展 獲得奨勵賞「標本室」
1979年  在銀座「寶麗」畫廊挙行個人畫展
1983年 日展 獲得特選獎「杜伯曼犬和少女」
    日春展 獲得日春獎「新雪」
1984年 獲得無甄選審查資格進入日展 「向明天的日本畫展」展出作品
     被推薦參加由日本文化廳主辦的現代美術選拔展
1985年  日春展 獲得奨勵賞「凍田」
1989年  日展 獲得特選獎「假日的車站」
1990年  再次被推薦參加由日本文化廳主辦的現代美術選拔展
     作為在日展獲得特選獎的紀念、在四國舉辦「尋求生命內面的美」個人畫展
     無甄選審查資格進入日展後,以後一直參加日展
1995年  成為日展的審查員評委
     作為日中文化代表団的成員、首次訪問中國(北京、上海、西安)
1997年  日本外務省買下「東天舞」 被委任為徳島県・阿波特別大使
2000年  在三島大社寶物館一週年紀念展之際,在寶物館內挙辦「白色宿神展」
2002年  再次成為日展的審查員評委
2004年  移住築波市
2005年  成為中國江西市陶瓷工藝美術學院の名譽教授
     以及景徳鎮市芸術家交流協會名譽研究員
     選自唐詩選「黃鶴圖」出展日展的作品被掛在日本首相官邸正面門口
     曾經接受小泉元首相的感謝狀
2007年  成為日本文部科學省「向學校派遣藝術家等事業」的講師
2009年  被委任為日本天皇陛下即位二十年慶祝委員會代表委員的成員之一
     執筆慶祝畫「平成鳳凰天降之圖」
     由宮中豐明殿下向日本天皇陛下両位以及各位皇室成員都寄贈了祝辭
2013年  向日本文部科學大臣辦公室寄贈「麁服的故郷 春望」等4件作品
     由PHP研究所出版社「日本美的遺伝子」出版
2014年  被邀請參加由首相在新宿御苑主辦的「賞桜會」
     擔任日中児童絵畫展評審委員會審査長
     受築波市的委託製作江戸木版畫「升起彩虹的築波」的原畫
2015年  在築波市國際文化講演會上、
     作了向世界誇耀的「完美的科學城市築波」的講演
     在日本築波美術館挙辦的日中韓國畫展中、擔任実行委員會委員長  

 

日本語:
藤島博文プロフィール

昭和16年(1941) 徳島県美馬郡美馬町に生まれる

昭和26年(1952) 美馬町在住の近藤青樹先生に日本畫の手ほどきをうける
                  
昭和32年(1957) 徳島県脇町高等學校在學中県展3年連続入選

昭和35年(1960) 武蔵野美術大學合格後、斷念

昭和36年(1961) 芸術院會員、金島桂華先生に入門

昭和45年(1970) 日春展初入選以降16回入選

昭和46年(1971) 日展入選以降15回入選・ヨ-ロッパ、インド取材旅行

昭和48年(1973) 文化勲章受賞作家 高山辰雄先生に師事
            日春展 奨勵賞受賞「標本室」

昭和54年(1979) 銀座「ラ・ポーラ」にて個展以後日本橋高島屋グループ展等に出品

昭和58年(1983) 日展 特選受賞「ドーベルマンと少女」
           日春展 日春賞受賞「新雪」
                   
昭和59年(1984) 日展無鑑査になる 「明日への日本畫展」出品
            文化庁主催 現代日本畫選抜展に推薦される

昭和60年(1985) 日春展 奨勵賞受賞「凍田」

昭和63年(1988) 日春展 日春賞受賞「新雪」石川県輪島に
            蒔絵大沖立・文箱・棗等々を製作する。

平成1年(1989) 日展 特選受賞「休日の駅」

平成2年(1990) 文化庁主催現代美術選抜展に再度推薦される
            オランダはじめヨーロッパに取材旅行
            日展特選受賞記念「內なる生命の美を求めて」四國で個展開催
            日展無鑑査出品となり、以降日展委囑となる。

平成4年(1992) 月刊文藝春秋グラビア等各志に掲載される。
            以降、朝日・読売・毎日新聞、及び徳島新聞等の各地方紙に紹介される。
            中國では、人民日報・新華社・北京日報・経済日報・青年日報
            及び上海・景徳鎮等の各地方紙に紹介され、また中央電子台等に主演し、
            日中の文化友好について語る。

平成5年(1993) 四國放送「ふるさとトーク未來21に「蘭王」河野氏と出演
            その他日本テレビ・TBS・テレビ朝日・靜岡放送等に出演し
            日本文化の美について語る。

平成6年(1994) 徳島県切久保小學校校庭壁畫「希望賛歌」を製作する

平成7年(1995) 日展審査員となる。日中文化代表団として訪中

平成8年(1996) 徳島県立脇町高校の緞帳「蒼天の譜」を製作する

平成9年(1997) 「東天舞」外務省買上 徳島県・阿波特使に委囑される
            熱海市行財政審議員(主に文化方面について)委囑される。
            熱海梅園整備計畫委員・まちづくり委員。

平成10年(1998)ニッポン放送オールナイトニッポンで松山千春さんと芸術対談
            著書「美感革命」を出版する

平成11年(1999)山梨県警察學校人間講座で講演。
            5月 ハワイ島マウナケアのスバル望遠鏡の內部を取材。  
            インドのブッダガヤより霊鷲山に至る釈迦仏跡を取材。
            マザー・テレサの家のミサに參加し取材。及びレインボーホーム。
            徳島県美馬市藍の蔵美術館に風水四神図を製作

平成12年(2000)三島大社寶物館一週年記念展にあたり、寶物館內にて個展開催
            4月(~13年3月まで)FMラジオ ボイスキューで、
            周1回ディスクジョッキーを務める。

平成14年(2002)二度目の日展審査員となる

平成16年(2004)つくば市に移転

平成17年(2005)中國江西師陶姿工芸美術學院名譽教授
           並びに景徳鎮市芸術家交流協會名譽研究員となる
           唐詩選より「黃鶴図」2m×2mが內閣総理大臣官邸正面玄関に陳列される
           小泉総理大臣より感謝狀を受ける。

平成19年(2007)文科省事業『學校への芸術家等派遣事業』の講師となる。
           以降、各小中學校にて日本畫指導と地域講演を行う。
           3月 首相官邸にて、下村副官房長官に美の國づくりについて具申する。

平成20年(2008) 日本橋高島屋にて個展開催「気韻生動」
           3月 TBS(BS)テレビにて壇文さん荒俁宏さんと文化対談

平成21年(2009) 1月 大阪醫科大にて「醫療と東洋美」について講演

平成21年(2009) 3月 天皇陛下御即位二十年奉祝委員會の「代表委員」を委囑される
           人民日報海外版・日中新聞社文化部顧問となる。
           徳島県美馬市重清西小學校・江原中學、
           茨城県つくば南小學校にて指導講演を行う。
           10月 奉祝畫「平成鳳凰天來之図」を謹筆。
           10月13日宮中にて天皇・皇后両陛下よりお言葉を賜る。


美意識による人づくり町づくり、そして國づくり」を提唱、以下の活動を行う。

・ 第71回整形外科學會學術集會記念講演「美學と醫學の接點を見つめて」

・ 第49回全國建築審査會長會議特別講演「今、簡略の美意識を」、
  H15年眾議院會館にて「アートアイランド『美』の國づくりを思う」

・ つくばサイエンス・アカデミー「アートとサイエンスの接點を求めて」など日本各地での講演多數。

・ また近年の講演として、北京人民大學・北京大學・清華大學・渤海大學・景徳鎮學院、
 台灣成功大學・芸術大學において「日本畫の美意識に思う」、「東洋美は世界人類の至寶」など
 海外で日本美、東洋美を伝える講演活動を行う。

・ 自庭で、丹頂鶴ほか多數の動物達と暮らしながら、「鶴の里美術館」構想に著手。

・ 著書「美感革命」到知出版社

・ 現在 日展會員・美科學研究グループ代表

・ 蘭夢美術館に6mの大作「蘭思清郷之図」を納める。





站內搜尋

最新EPUB電子書

成唯識論述記新編
閱讀全文...
《瑜伽師地論菩薩地真實義品 》解譯 彌勒菩薩著 王穆提解譯
閱讀全文...
《能顯中邊慧日論》新編 唐朝 慧沼法師著 王穆提斷句編校
閱讀全文...
《瑜伽師地論》新編 彌勒菩薩等造 王穆提斷句編校
閱讀全文...
真如與阿賴耶識義 王穆提著
閱讀全文...

分享到社群:

Comodo SSL